スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Henry Cowell Redwoods State Park

Redwood。 別名Sequia。

1億5000万年前、この地上は巨大なRedwoodに覆われていたそう。 しかし、100万年前の氷河期によりその大部分が絶滅。 その後伐採が進み、現在自生しているのはCaliforniaなど米国南西部と中国の一部だけ、だとか。 1本の木は1日1900リットルの水分を必要としているそう。 Redwoodの原生林はAmericaでは早くから保護されているそうで1980年代には世界遺産に登録されています。

またRedwoodの伐採にはそれが私有林であっても州政府の許可が必要で、伐採後には伐採量を上回る植林が義務づけられています。

San francisco南に位置するHenry Cowell Redwoods State Park(ヘンリー・コウェル・レッドウッド州立公園)内のRedwood。 上を見上げると…


20085145.jpg


レッドウッドの樹皮は厚さ30センチほどにもなるそう。
名前の通り木は赤色。

タンニンが多く含まれているそうで、
そのタンニンは、害虫、病気、菌類を寄せ付けず、ある程度の火事から木を守ってくれるのだとか。

ここの公園で1番高い木は約300フィート(90m)幅17フィート(5,1m)以上。

自由の女神とほぼ同じ位。


20085146.jpg


右写真にあるコブ…休憩中の芽の塊。
左写真…木と人の比較。
木の大きさがわかります。


20085147.jpg 20085148.jpg


巨木な幹に耳を当てると、太古の物語が聞こえてくるような気がします。
シダ類やコケ類も豊富で、都会では味わえない緑の香りに囲まれすっかり癒される事ができました。


20085149.jpg

スポンサーサイト
Links
Search
RSS Feed
Free Area
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。